平成30年04月28日 EM基礎講座(第一弾)

EMの初心者導入門ともいえる基礎講座が横浜市栄区民文化センターで開かれました。
受講者は15人で圧倒的に女性(9人)が多く、家族の健康を考えて安全性を求めた家庭菜園や花づくりをEMで楽しもうとする傾向があるようです。

午前の部 「自然農法」と「EMの農業利用」についての講話

講師:NPO法人関東EM普及協会 大沢加寿美副理事長

自然農法」では、土を主役とする農業、無肥料栽培で「土の威力」を発揮させることをめざします。
例えば、雑木林は微生物叢が豊富で、自然に順応した土づくりが自然になされています。

EMの農業利用」では、EM資材の使用法や特徴が分かりやすく説明され、初心者の理解度も上がったようです。特に「人間が育土して、そこでEMが力を発揮する」「EMの活用は継続することが肝要で、3年続けることでEMを中心とした微生物群が定着し、無肥料栽培が可能になる」で、キーワードはやはり”継続“ですね。

午後の部 「EMの環境利用」についての講話

講師:EMネット神奈川 吉田賢治副理事長
川崎市内で活動する吉田さんは「生かそう生ごみ、咲かそう草花、楽しく作ろう家庭菜園」を呼びかけています。
さらに、小学生を対象にEM活性液の作り方からプール清掃、トイレの脱臭効果に実績を積んでいますが、長年の経験から得た公の助成金を獲得するためのノウハウも披露しました。

講座の最後に行われたEMボカシづくり(作り方は小泉農園でのボカシづくりと重複するので割愛します)では、
受講者の皆さんが参加して作り、お土産になりました。


2018年05月25日